取り扱いアイテム

ウォータージャグの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
2255

引用:Amazon

「ウォータージャグ」について

ウォータージャグはキャンプ場など、とくに水場の遠い場所などで、水場との往復の手間を省くには大変便利なアイテムになります。少し手を洗いたいとき、野菜や食器を洗いたいときなどに重宝します。基本的には水を入れておくだけのアイテムですが、最近ではおしゃれなデザインのウォータージャグもたくさん販売されています。
テントサイトに必ず1つは置いておいて損はないでしょう。ハードタイプとソフトタイプのものがありますが、ハードタイプは保温機能がついたものも発売されていて、使い勝手が広がります。ただし重くかさばるのが難点なので、車で行くキャンプ場向きのアイテムと言えます。ソフトタイプは収納がコンパクトなので、電車で行くキャンプ場などにも簡単に持っていくことが出来ます。しかし使用した後のお手入れが予想以上に面倒くさい場合があります。

「ウォータージャグ」を購入できる有名店舗

ウォータージャグを購入できる有名店舗ですが、モンベル、好日山荘などのアウトドア専門店などから、ニトリ、東急ハンズ、LOFTなどのキャンプ用品売り場など、様々な場所で購入することが可能です。有名ホームセンターなどで置いてある場合も多いです。実際に実店舗に赴いて購入したい場合は、詳しい店員がいる店での購入をおすすめしますので、アウトドア専門店やキャンプ用品の専門の店員がいるような店舗を選んでいくことをおすすめします。
何度目かの購入であれば自分で使い勝手もわかってくるので、ホームセンターやスーパーなどで購入しても良いでしょう。またウォータージャグはインターネットでも購入することが出来ます。楽天市場、amazon、ヨドバシ.comなど様々な大手インターネットサイトでも購入が可能なので、近場に実店舗がない場合でも種類豊富な中から自分のニーズに合ったものを購入することが出来ます。
重いものでも家まで運んでくれるというのがインターネット通販の良いところになりますので、実店舗で実物を見たけれど配送してくれなかったとか、実店舗で購入するよりもインターネットで購入した方が安いなどの場合は、インターネット通販を活用しましょう。大きさなど、初めて購入する場合は思っていたものと届いたものが違うというようなことをさけるためにもインターネットでの購入は初心者には向きません。
二台目の購入時や勝手を知っている上級者向けといえます。

「ウォータージャグ」を高く売るために

ウォータージャグを高く売るためには、まずは新品同様かどれに準ずるきれいなものであることが大前提になります。
購入したけど使わずに押し入れにしまっていたものなどは、思っていたよりも高く売れることが多いです。また、ソフトタイプのウォータージャグよりもハードタイプのウォータージャグの方が高く売れます。なぜかというとソフトタイプのウォータージャグはお手入れも大変なので、一回使用してしまったものは高く売るのは難しいでしょう。中を一回一回乾かさないとカビが生えてしまったりすぐしてしまうので注意が必要です。言うまでも無く、カビが生えてしまったものは買い取ってもらえません。
ハードタイプのものは保温効果がついていたり、見た目がおしゃれだったりすると高く売ることが可能でしょう。もちろんきちんとお手入れをしているものに限ります。外に傷がついてしまっていたり、汚れが目立つものは高く売れませんし、買取を拒否される可能性もあるので、売りたい場合は大切にきれいに使用して、きちんと毎回お手入れをしてからしまうように心がけましょう。あとはインターネットオークションなどを使用して高く売る方法もあります。
インターネットオークションで高く売るためには写真のコツなどもありますが、運によるところも多いので絶対に高く売れるとは言い切れないので注意しましょう。購入者ともめないためにも、買取専門のお店を利用するのが一番おすすめで安心です。

「ウォータージャグ」の買取はキャンプパーク

ウォータージャグの買取はキャンプパークがおすすめです。キャンプパークはアウトドア用品やキャンプ用品の買取で人気です。査定にかかる送料、査定料金、返送料が無料となっています。買取キットに申し込んで、癒えに届いたキット(箱)につめて送るだけでOKなので非常に便利です。
人気ブランドなどは特に買取価格は高くなります。関東にお住まいの方は、店舗に持ち込んでもOKですし、出張サービスも行っているのでおすすめです。商品の知識のあるスタッフが査定してくれるので安心です。高値になるポイントは、汚れなどが極力少ないこと、使用感が極力少ないこと、付属品がすべて揃っていること、最新モデルに近いモデルであること、国内メーカーやキャンプパーク指定の有名メーカーの商品であることになります。
ウォータージャグに限らずにキャンプ用品やアウトドア用品はいらなくなっても捨てるのにも一苦労です。お金をかけて捨てなければいけないものも出てくるでしょう。そのような場合はもったいないので査定だけでもキャンプパークに依頼してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加