取り扱いアイテム

レスキュー用品の買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
9rescue-equipment-kaitori

引用:Amazon

「レスキュー用品」について

レスキュー用品は、救助活動に使用する各種アイテムのことです。
例えば、要救助者の身体をすっぽりと収めて釣り上げることのできるハーネスは、縁を使ったレスキュー活動において欠かすことのできないアイテムです。
極めて高い耐久性を持つカーンマントルロープ、ロープとハーネスなど、複数のレスキュー用品を接続するカラビナ、高い場所から降りるために利用する下降器、アセンダー・ゴールアレスターなどの墜落防止器具など他、数多くあります。人をのせて移動できるストレッチャーもレスキュー用品ですし、隊員らが現場に必ず持っていくのが、カラビナなどの金具類を収納するレスキューキットです。
この他にも明るい原色カラーが施されたウェットスーツ・シューズ・フィン、レスキュー隊員がたまにかぶるヘルメットなどもあります。
このようなレスキュー用品は、万が一の自然災害などを始めとする不測の事態に対応するため、利用されています。

「レスキュー用品」の人気ブランドを紹介

レスキュー用品にも人気ブランドがあります。
例えばレスキュー活動に絶対に欠かせないロープでは、トイフェルベルガーというブランドがあります。
1790年に繊維ロープ企業として創業、帆船のマストロープやウィンチロープなどを中心に、先端技術を活かしたファイバーロープなどを生産しており、その品質の高さかロープウェーやリフト、ゴンドラ向けのロープも生産するなど、品質の高さが世界各国で知られています。
ロープがあるということは、ロープを収納するバッグが必要になります。
作業服で知られているTOWAは、ロープ専門に収納するバッグを開発しています。手頃な価格で最大180mの長さを持つロープを収納できることから、レスキュー用品としても重宝されており、ロープをまとめるためのロープホルダー、人を釣り上げるためのハーネスでも知られているブランドです。
イェイツも有名ブランドです。アメリカのカルフォルニア州に拠点のあるこの会社は、レスキュー用ハーネスからロープバッグ、消防アイテムなど、レスキューアイテムの総合ブランドです。

「レスキュー用品」を購入できる有名店舗について

アウトドア用品をあつかう有名店舗では、ロープやハーネス、カラビナなどの金具類を始めとするレスキュー用品を販売しています。
実店舗では、ISG石井スポーツグループで見つけられます。
登山人気が強まっている北海道にあるICI石井スポーツ札幌店、東京千代田区にある登山アイテムを充実させたICI石井スポーツ登山本店、石井山専 新宿東口ビックロ店、IBS石井スポーツ大阪本店などを中心に全国17店舗で購入できます。
アウトドアショップKは、長野県にある伊那ワーキング館と駒ヶ根スポーツ館において、レスキュー用品の販売をしています。ネットショップからでも購入できます。
セイバーズ公式ECサイトは、自衛隊・消防隊・救命救急・警察などが扱うレスキューアイテムを扱っており、ロープからハーネス、金具類、救急グッズまで幅広くなっています。
レスキューグッズは高所作業や山岳アイテムと共通しているため、アウトドアショップでも扱われていますが、本格的なレスキュー用品を扱う実店舗は少ない傾向です。

「レスキュー用品」を高く売るために

レスキュー用品を高くうるためには、いくつかのポイントを満たすと良いでしょう。
製造年が新しい、キズ・破れ・ほつれがすくない、サビなどがない、レスキュー活動に欠かせない必要な付属品がある、耐久性が十分であることなどです。
一般的な買い取りでは、見た目の使用感やデザイン、色あせなどが重視されますが、レスキュー用品の買取査定では、レスキュー活動に使える耐久性を備えていること、使用に欠かせない付属品が全て揃っていることが求められます。
そのためレスキュー用品の買取で高くするには、製造年が新しく、本体にキズや破れなど、耐久性を疑わせる要因がない、あるいは少ない事が重要なポイントになります。
金具類の場合は、しっかりと固定できる強さを備えていることが大切です。
新しいカナビラであっても締りが悪く緩んでいると査定に大きく影響し、査定が下がる可能性もありますので、使用に耐えられる耐久性を備えたレスキュー用品を査定にだすと良いでしょう。

「レスキュー用品」の買取はキャンプパーク

レスキュー用品を買取をする場合は、アウトドア専門買取店に任せるのが良いでしょう。
代表的な買取店としてキャンプパークを挙げられます。
この買取店は、アウトドアアイテムに特化した買い取りに力を入れているため、アウトドアアイテムに共通項のあるレスキュー用品の買取査定でも高くなる傾向があります。
レスキュー活動で使用したロープ、ハーネス、金具などを中心に買取しているので、使用していないレスキューアイテムが有るなら、キャンプパークに買取してもらうことを勧めします。買取の流れも簡単です。
Webから申し込めば、買取キットを送ってくれるので、後はキットにレスキュー用品を入れて梱包し発送するだけです。査定に納得できれば、口座に振り込まれるので、誰でも簡単に買い取りできますし、キットや査定は無料です。買い取ってくれる点数に上限はありませんので、まとめて買取する際にも便利、処分できずにしまってあるレスキュー用品や、新しいレスキュー用品を購入したので使わなくなってレスキュー用品があるといった場合に査定をうけてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加