取り扱いブランド

オプティマスの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
422

引用:Amazon

「オプティマス」について

オプティマスは、スウェーデン製のガソリン・灯油ストーブ(コンロ)です。
主に、登山用に使われますが、昔はこのようなガソリンや灯油を燃料としたストーブが大半でした。最近では、ガスがはやっていますが容器の重さなど総重量を考えるとガスコンロよりもガソリンや灯油のコンロのほうが軽量化しやすいのが特徴です。理由は、ガスとは違い、カートリッジの空き缶など廃却物が出ないためにトータル重量が軽くなり、軽量化が可能になります。昔からあるオプティマス製品で有名なものは、スベア123Rやハイカー(通称名:弁当箱)などがあります。特にガソリンタイプは、氷点下30度以下でも安定して使用することができる優れものです。灯油タイプですと、引火性がないため安全に使用することができます。現在の最新のオプティマスですと、ガソリン・灯油・軽油などに対応しており、より使い勝手が良くなっています。

「オプティマス」を購入できる有名店舗

オプティマス製品は、一般のスポーツショップにあるようなアウトドアコーナーなどには、あまり置いていません。
どちらかというと、登山専門ショップなどに置かれていることがほとんどです。
一般のスポーツショップのアウトドアコーナーなどでは、ストーブとしてはガスのタイプがほとんどです。ガスタイプは、初心者でも使用できることや、気軽に使えるということがあるためです。ガソリンや灯油などを使う場合の登山は、かなり本格的な登山のために専門ショップしか置いていないようです。
オプティマスはベテランの人からは多大な人気がありますが、本格的な登山以外でも十分に使えます。
例えば日帰り登山や日帰りのハイキングで、ちょっとコーヒーが飲みたいときや、ラーメンを作りたいといったときにも便利です。
高性能ゆえに、どんな状況でも使えるのがオプティマスなのです。
3000mクラスの冬山登山から、日帰りのハイキングまでどんな状況でも使用可能です。
しかも、どんな燃料でも使えるため、不測の災害の時には大変役に立ちます。暖を取ることにも使えますし、食事を作ることもできます。
ガソリン・灯油・軽油などを使えるために、どのような状況にも対応できます。灯油の使用時には、芯方式の灯油ストーブよりも燃料効率が高くなります。
それは、オプティマスでは灯油を一端ガス化して燃焼するために、燃料効率が上がるからです。
このように、登山やハイキング以外でも使えるのがオプティマスです。

「オプティマス」を高く売るために

オプティマスを将来買取で、とお考えでしたら日ごろのメンテナンスが重要になってきます。
また、買取を考えてなくても日ごろのメンテナンスで、いつでも最高の状態で使用することができます。主なメンテナンスは、使用後の掃除になります。ノズルのカーボン除去掃除や、バーナー部の掃除などです。それ以外でも、年に1回くらいは分解掃除をすることで、末永く使用することが可能になります。
また、分解掃除をすることで、劣化したパッキンに気づくこともあります。
そのような時には、パッキンの交換をすることで、さらに長持ちしますし、安全に使用することができます。
スベア123Rなどは、ゴムパッキンや鉛パッキン、石綿パッキンを定期的に交換することで、およそ50年以上使用することが可能と言われています。
それほど、頑丈なつくりなのがオプティマスの特徴でもあります。
しかしながら、買取の場合にはキズやへこみなども査定に入るため、出来ることならキズ付かないようにすることも大切です。
もし、今使っているオプティマスを将来に渡り使用する予定がない時は、買取が便利です。
意味も無く所有していると、古くなるだけですが、買取でオプティマスを生かすことができます。
もし、必要になったときには買い取りショップで購入することも可能です。
オプティマスは、頑丈ゆえに中古品でも相当の年数使用が可能です。
もし、初めての購入で不安があるときには、中古のオプティマスを購入してもるのも、手かもしれません。

「オプティマス」の買取はキャンプパーク

オプティマスのような特殊なアウトドアグッズは、一般の買取では高い査定は難しいのが現状です。
それと比べ、アウトドアグッズ専門のキャンプパークなどでは、きちんとした高い査定を受けられるのが特徴です。アウトドア専門店ならではのことです。
アウトドアの専門用品を買いに来る人がいるからこそ、高い査定でも商品を回していくことが可能だからこそです。買取の際には、ノズルやバーナー部のカーボン汚れの掃除や、本体の汚れなどを綺麗に拭き取ると査定にも影響してきます。とうぜんながら購入する人も、黒く汚れて年季の入った製品より、できるだけ新品に近いような外観のほうが好まれるからです。見た目は、意外と大切です。
購入した段階で、それほど末永く使う予定が無い場合には、特にキズやへこみなどの外貨をキズつけるような使い方は避けた方が無難です。
また、使用後のメンテナンスも怠らずにしっかりとしたほうが買い取りには有利です。
パッキンを交換したばかりの場合には、その旨を話すことで査定もアップします。パッキンの交換により、それだけ寿命が延びたわけですから、言わないと損です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加