取り扱いブランド

ナンガの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
_0015_577

引用:Amazon

「ナンガ」について

滋賀県米原市にあるシュラフメーカーのナンガは、1941年の創業当初は羽毛布団の加工が中心でした。1960年頃からシュラフの製造が始まり、その後はシュラフだけに留まらず、ジャケットなどのウェアやテントシューズのようなアクセサリーも製造しています。
ナンガは高品質な羽毛を海外から輸入し、羽毛の洗浄と加工、製品の製造までの一連の作業は全て国内で行っています。羽毛に付着しているゴミやウイルスは粉じん機や洗浄機、高圧蒸気を利用した乾燥機を使用して完全に取り除いています。
さらに、イオンとオゾンを活用して防臭と殺菌をしているため、清潔で安全性の高いダウン製品が完成します。
ナンガには、利用者の声から誕生した「永久保証」サービスがあります。過酷な環境で使用するシュラフは、生地の摩耗や損傷を受けやすいのですが、このサービスによりシュラフのメンテナンスが容易になり、長く使える逸品になっています。

「ナンガ」を購入できる有名店舗

東京・碑文谷にある「NANGA TOKYO SHOP」はナンガの直営店になり、人気のダウンシュラフからダウンジャケットなど、最新のナンガ製品を手に取ることができます。
東京・吉祥寺にある「nap produced by NANGA」は、2番目にOPENした直営店になり、ナンガ製品はもちろん他のアウトドア用品を購入できるショップです。店内の片隅には、石が敷き詰められたスペースがあります。
これはテント場を再現した場所で、凹凸のある地面で寝た際のシュラフの寝心地を確かめられます。
ナンガのオンラインショップには、人気の防水モデルオーロラや軽量モデルのUDD BAG、車中泊にも便利なファミリーサイズのRABAIMA BAG、ダウンパンツやダウンスカートなどの人気アイテムが揃っています。オンラインショップでは新商品の先行予約もしているので、最新アイテムをいち早く入手したい時に便利です。
この他にもナンガの製品は、全国各地にあるアウトドアショップで取り扱いしています。ジャケットやパンツといったウェアはアパレルメーカーの別注で誕生したモデルもあり、動きやすさを重視したアウトドア用モデルよりもスタイリッシュなデザインになっているため、都市で着用しても違和感のない仕上がりになっています。これらの別注アイテムはナンガの店舗やオンラインショップでは販売していないため、各アパレルメーカーの店舗やオンラインショップで購入するようになります。

「ナンガ」を高く売るために

素材と製造法にこだわりを持っているナンガの製品は、品質が高くて丈夫なことから、状態が良ければ買取金額が高くなる可能性があります。シュラフカバーがなくても使用できる防水モデルのオーロラは特に人気が高く、寒暖差が激しくて結露がしやすい時期には使いやすいシュラフです。
製品を高く売るためには、ファスナーがきちんと閉まるかどうか、生地に穴が開いていないか、目立った汚れはないか、といった点を確認しておきましょう。永久保証サービスが始まってからシュラフを購入している場合は、このサービスを利用して買取に出す前に不具合箇所の修理を依頼しておきましょう。
汚れがひどい場合は、クリーニングに出してきれいな状態に戻しておきます。ナンガのシュラフは自宅で洗って常に清潔な状態にしておくことを推奨しているので、毛布が洗えるような洗濯機がある場合は、シュラフをネットに入れて洗っておきましょう。洗濯機を使って洗う場合は脱水をせずに手で絞ってから、陰干しをします。乾いたらシュラフの両端から手ではたいていき、中の羽毛を整えていきます。
アパレルメーカーとのコラボで誕生したジャケットやパンツは人気があり、販売期間が限定されていてすぐに売り切れてしまったり、廃盤になってしまうことがあるので、希少価値の高くて状態の良い物なら高く売れることもあります。ダウン製品は使用している羽毛の量が多いほど高額になりますが、シュラフのような寝具は清潔感が大切なので、買取に出すことを前提に使用している場合は、定期的に洗って清潔にしておきましょう。

「ナンガ」の買取はキャンプパーク

ナンガのような登山グッズを売りたい場合は、アウトドア用品の買取を強化しているキャンプパークを利用してみましょう。シュラフはアウトドアの定番アイテムですが、軽量化が進んで素材や形状を工夫した新製品が次々に登場しているので、年を追うごとに使いやすさが高まっています。
羽毛製品は汚れが少なく、へたりが少ない方が査定額が高くなる傾向があります。新製品であるほど高額になるので、売りたいと思ったタイミングを逃さないことも高く買い取ってもらうためのポイントになります。
キャンプパークは宅配による買取をしていて、届いた商品はアウトドア用品の知識が豊富なスタッフが査定をしています。シュラフを発送するための送料や査定の手数料は必要なく、店舗に行くためのガソリン代や交通費もかからないので、余計な経費をかけることなく買取の手続きができます。
キャンプパークでは、ナンガ以外のアウトドアブランドの買取も強化しているので、色々なブランドや様々なアイテムをまとめて買取してもらうことも可能です。発送に必要な梱包材は無料で、箱の大きさや数が自由に選択できるので、売りたいアイテムの量が多い場合でもまとめて買取してもらえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加