取り扱いブランド

ムッシュの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み

「ムッシュ」について

ムッシュは昔からの登山用のウェア専門ブランドです。
以前は、ウールのチェックの襟付きの長袖シャツや、ニッカズボンが有名でした。
ニッカズボンはニッカボッカとも呼ばれ、ひざ下までのパンツで膝からしたは長いウールのソックスをはくのが登山の定番でした。
そのころから、登山用ウェアの専門ブランドですから、その作りは細部にわたるまで登山ウェアの為の心遣いが沢山つまっています。
昔のムッシュのウール製登山ウェアは、20年経ってもまだまだ着れるとまで言われていました。
現実に、20年を超過しても着ている方がいるほどです。
それほど頑丈な作りだったのです。
最近のムッシュは、登山ウェアとしての機能を優先しつつも、デザイン性に優れたものがラインナップされています。
山好きなら、ウェアはムッシュと言われるほどですからその信頼は素晴らしいものがあります。

「ムッシュ」を購入できる有名店舗

ムッシュは、一般のスポーツショップのアウトドアコーナーでも見かけることがありますが、品数はやはり少量です。
いろいろなデザインのムッシュを見たい場合には、登山専門ショップに行くとかなりの種類を見ることができます。
以前ですと、登山用ウェアはチェックが多かったのですが、最近の登山用ウェアは単色か2色3色が多くなっています。
素材に関しては、ウールなどもありますが、最近流行りの速乾性素材や新素材の化繊が多くなってきています。
ムッシュは登山用のアンダーウェアから、ミドルレイヤー用のウェアなど種類が多いので、様々なレイヤーシステムが組めます。
登山のような気候変動が激しく、運動量が大きく汗をかくけれども、休憩時には寒いといったような複雑な環境にあります。
そのようなときには、厚手のウェアだけでなく薄手のミドルレイヤーを増やして調整することが大切です。
そのような要望に応えることができるのが、ムッシュです。
ネット通販でも購入は可能ですが、使用している素材の感触や着心地などがありますので、ネット通販よりも店舗での購入が最も無難です。
以前着ていたウェアが古くなり、全く同じウェアを購入する場合ですとネットも大丈夫ですが、初めての製品は実際の感触を確認しての購入が確実です。
ムッシュの場合、速乾性の素材や新素材などを使用しているために、洗濯などは気を付ける必要があります。
ムッシュのウール製品についても、家庭で手洗いなどの表示がある場合には手洗いがお勧めです。

「ムッシュ」を高く売るために

現在山に登っていても、先々で登らなくなることもあります。
そのようなときには、買取が便利です。
衣類の場合にも、保管しておくだけでは勿体ないですし、劣化も進みます。
長い期間使わないと分かった段階で、早めの買取の方がお得になります。
不要になり、そのまま数年経過すると、デザインが古くなったりして査定が徐々に低下していきます。
そのような事もあり、早めの判断が必要です。
また、査定の高低は普段からのお手入れが重要です。
登山後は、しっかりと指示通りの洗い方で洗うことが必要です。
特に山では植物の汁などで汚れることがあります。
そのような場合には、帰ってから洗うよりも、植物で汚れた部分だけをその場で水洗いすると後からの洗濯が楽になります。
泥汚れに関しても、洗わなくとも手で落とすくらいはしたほうがいいようです。
また、干すときにも陰干し指定がある場合には、しっかりと守りましょう。
間違った干し方をすると、変色や性能低下などの原因になります。
また、防水性をもったものでしたら、定期的に防水剤などで処理することが必要です。
ウェアの端部のほつれなども、早めに修理しておくと、後からの大きなトラブルを回避できます。
そのためにも、山から帰ってきたときは細部までチェックすることをお勧めします。
このように、登山後のメンテナンスをしっかりすることで、次の登山も快適なものになります。
更にはこのようなメンテナスをすることで、もしもの買取の際にも査定アップにつながってきます。

「ムッシュ」の買取はキャンプパーク

ムッシュなどの登山専用ウェアは、一般の買取ショップではその価値が分からない為に低い査定になることがあります。このような事を避けるためには、アウトドア専門の買取ショップに持っていくと高値査定になります。
特にアウトドア専門で、登山関連用品専門のキャンプパークなどがお勧めです。
買取の際には、事前にウェアのチェックが重要です。
細部にわたりチェックして、ほつれ等がある場合には綺麗にほつれを修繕しておきます。
ウェアの汚れに関しましても、汚れがある場合にはつけ置き洗いなどをして綺麗にすることで査定アップにつながります。
もし、購入した時のタグなどがあるようでしたら、タグも一緒に付けると有利になります。そのようなこともあり、購入の際に付いてくるタグも保管しておくといいでしょう。
また、タグがあることで、そのウェアにどんな性能があり、どのような点がウィークポイントなのかが分かります。
登山用のウェアには、時にシビアな環境で対応しなくてはならないため、今持っているムッシュのウェアがどのような環境に強いのかを確認するという意味でもタグは保管しておくと便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加