取り扱いブランド

ダンロップの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
24dunlop-kaitori

引用:Amazon

「ダンロップ」について

ダンロップは、もともとイギリスを発祥とするゴムタイヤメーカーです。ですが、日本ではタイヤ部門とアウトドア部門が別会社になっており、アウトドア部門は株式会社エイチシーエスが商標を取得しています。
アウトドアメーカーのダンロップの主力商品は、登山・ツーリング用の軽量テントです。以前は大学の山岳部員の御用達といわれるほどに、ダンロップのテントは登山愛好家の支持と信頼を得てきました。今でもベテランの方ほどダンロップテントを支持し、愛用しています。
ダンロップテントの歴史は、日本の山岳テントの歴史ともいえます。
今もダンロップは国内生産にこだわっています。目まぐるしく変化する日本の気候に適した製品企画、日本人の体型に合わせた多様なサイズ設計、30年前に販売したテントでも修理可能なアフターサービスを実現しています。

「ダンロップ」を購入できる有名店舗

ダンロップは山岳テントとツーリングテントが主力のメーカーですので、ファミリーキャンプ用のアウトドア用品を扱っているショップでは、まず見ることができません。
ホームセンターや、大衆的なキャンプ用品のみを取り扱っているスポーツ用品店には、ダンロップのテントは置かれていないのです。ダンロップのテントが買えるのは、登山の専門フロアがあるようなショップです。ICI石井スポーツ、好日山荘、ロッジ、山幸、さかいやスポーツ、L-breathなどには取り扱いがあります。専門的な知識を持つ店員がいるショップ揃いですので、自分の使用条件を店員と確認しながら購入を検討するなら、行ってみるとよいでしょう。店員と話をするだけでも、テント選びの勉強になります。
むしろ、ダンロップのテントはインターネットの通信販売のほうが入手しやすいようです。
ナチュラム、amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで取り扱いがありますし、製造販売元である株式会社エイチシーエスも直営オンラインショップを持っています。各商品のスペックを一度に比較して検討できるのが、インターネットの通信販売の利点です。最終的に店頭で購入するとしても、下調べとして通信販売サイトで各製品のデータを出してみるのは、自分の必要なスペックを数字で理解するためにもよいことです。
店頭での購入も、通信販売での購入も、それぞれメリットとデメリットがあります。自分に合った方法で購入するとよいでしょう。

「ダンロップ」を高く売るために

ダンロップに限らず、テントのコンディションを保つのは、いかに乾燥させて収納するかにかかっています。キャンプ地で完全に乾燥させてからテントを畳むのがベストです。しかし、雨の多い日本ですから、雨の中キャンプ地を離れなければならないこともあります。
とりあえず濡れたまま畳んで帰宅したときは、家で広げ直して改めて乾燥させましょう。ダンロップの山岳テントやツーリングテントなら、コンパクトなスペースに立てられるので、部屋がある程度広ければ部屋の中で干すことも可能です。
また、天気がいい日に近所の公園で広げるのもよい方法です。
公園を利用する場合は、テントは組み立てず、地面にブルーシートなどを広げてその上で干しましょう。ポールが曲がったり、フライシートが破れたりといった故障は、メーカーに修理依頼をしましょう。
ダンロップのテントなら、古い型式のテントの部品も用意しているので、よほどのことがない限り修理対応してもらえます。また、付属品が不足していると買取査定額が下がりますので、足りなければ取り寄せておきましょう。型式が古くなったダンロップ製品をそのまま使わないで保有していると、それだけで買取査定額が大幅にダウンしてしまいます。
買取査定額を下げたくないなら、早く売却するに越したことはありません。きれいに使う、付属品をなくさない、故障は直す、早く売る。高値で売却するためには、これらのことがとても重要になってきます。

「ダンロップ」の買取はキャンプパーク

使わなくなったダンロップ製品を買取してくれるのが、アウトドア用品買取専門店のキャンプパークです。キャンプパークはさいたま市にありますが、宅配買取を利用すれば遠方からでも買取してもらえます。ホームページから買取キットを申し込んで、売りたい物を詰めて着払いで送るだけで、自宅から一歩も出ずに取引ができるのです。査定するのは、アウトドア用品の知識が豊富な専門スタッフです。
だから、売りたいブランドの価値を正しく評価し、納得のいく査定額を出してもらえます。ダンロップ製品だけでなく、他にも売却したいアウトドア用品を一緒に入れて送れば、査定額がアップします。いろいろまとめて買取してもらえば、部屋も片付き、財布も暖かくなり、一石二鳥です。
使わないダンロップ製品は、型式が古くなる前にキャンプパークで買取してもらって、価値が下がってしまう前に手放しましょう。新しい持ち主の手に渡ることで、使わなくなったアウトドア用品も生命を吹き返します。手放したあなたにもまた、新しいアウトドア用品との出会いが待っていることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加