取り扱いアイテム

クーラーボックスの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
8723

引用:Amazon

「クーラーボックス」について

アウトドアにかかせない重要アイテムの1つのクーラーボックス。クーラーボックスにも様々な種類があり、大きく2つに分けるとハードクーラーとソフトクーラーに分けられます。
ハードクーラーには真空断熱パネルを使った保冷力の高いものから、発泡ウレタン製のもの、発泡スチロールのものがあり、冷却力を重視するなら真空断熱パネルのクーラーボックスが最強で、主に釣り用に使われたりします。発泡ウレタン、発泡スチロールになってくると冷却効果は落ちますが、その分軽かったり使い勝手が良い場合もあります。
ソフトクーラーは保冷力はかなり落ちますが、その日の食材のみ冷却保存したい時や1泊のキャンプなどなら十分です。保冷するものがなくなれば畳んでコンパクトに収納できるので、保冷するものの量が少なければソフトクーラーを使用したりするといいでしょう。

「クーラーボックス」を購入できる有名店舗

クーラーボックスはホームセンターで購入することができます。有名店舗としては、スーパービバホーム、カインズホーム、ジョイフル本田、東急ハンズなどで取り扱いがあります。
ハードクーラー、ソフトクーラー問わず幅広く取り扱っており、大きさや形など使用目的に合ったクーラーボックスが探せるので便利です。
真空断熱パネルのクーラーボックスをお探しなら、ホームセンターで探すのも良いですが、上州屋、フィッシュランド、タックルベリーなどの釣り具店が種類も多く取り揃えているので選びやすいです。
また、コールマンやロゴスなど、キャンプ用品専門メーカーのクーラーボックスを購入したいとすでに決めて探されるのであれば、キャンプ用品を販売している店舗で探したほうが見つけやすいです。
メーカーの直営店が近くにあればベストですが、ゼビオ、スポーツオーソリティ、スポーツデポなどのスポーツ用品店でも取り扱いがある店舗は多数ありますので、お近くの店舗へ足を運んでみてください。
近所に店舗がなかったり、店舗があっても欲しいクーラーボックスが置いていなかったりした場合は、インターネットの通販サイトで購入することもできます。インターネット通販サイトで購入を検討する場合は、クーラーボックスのメーカーのウェブサイトを探すよりも、楽天市場やYahooショッピング、amazonなどで探したほうが値引きされていたり、他メーカーとの比較がしやすかったりするのでそちらで検討した方がよいでしょう。

「クーラーボックス」を高く売るために

将来的にクーラーボックスを売ろうとお考えなら、普段から使い方に気を付けなければならない点がいくつかあります。ハードクーラーは保冷性に優れたものが多いですが、真空断熱パネルや発泡ウレタンが少しでも破損してしまうと冷却性能が格段に落ちてしまう場合があります。
冷却性能が落ちれば、そのクーラーボックスは良品とは判断されませんので、当然売ることは厳しいですし、価格も低くなるでしょう。売るのであれば、破損させないように使用することが重要です。
外側からの破損が無いように心がけるのもそうですが、食材や飲み物をいれる内側から破損させないように気を付けることも重要です。缶や瓶など硬い物を入れて中がスカスカだったりすると、持ち運ぶときに中が傷つく可能性もありますので、入れる物がなかった場合は保冷材や氷、タオルなどで中がガタガタしないように固定するとよいです。
また、汚れや臭いなどが定着していると、クーラーボックスの使用感が強いと判断されて高く売ることは難しくなります。対策するなら、大きなポリ袋などをクーラーボックスの中に広げて入れたものが直接触れないようにし、汚れや臭いの付着を防止するとよいでしょう。
使用感のない状態を維持することが高く売るための条件です。ソフトクーラーに関しても、ジッパーを何度も使用していると生地がほころんできて、そこから中の冷気を逃がしてしまうことが考えられます。
防ぐのは難しいかもしれませんが、乱暴に扱わない事と、中をぎゅうぎゅうに詰めすぎすぎないようにしましょう。汚れが付着した場合はすぐに洗い、きれいな状態を保ちましょう。

「クーラーボックス」の買取はキャンプパーク

クーラーボックスが不要になり、売ることをお考えであれば、キャンプパークで買取を依頼することをおすすめします。
おすすめする大きな理由は、専門的な知識をもったスタッフがしっかりと査定してくれることで、高額買取をしてもらえる可能性が高いからです。クーラーボックスの状態やメーカーにもよっては高額な買取をしてもらえるものでも、手広く買取をしているリサイクルショップに買取を依頼してしまったために二束三文で買取してもらってしまったという話はよくあります。
キャンプパークでは、コールマン、ロゴス、スノーピークなど人気なキャンプ用品ブランドであれば、さらに査定額もアップします。買取キットというものに梱包して発送するだけで査定してもらえるので、煩わしい手続きはありません。
さらに、クーラーボックス以外にも売りたいと考えているキャンプ用品があれば、まとめて査定してもらうことでお得になります。ジャンク品も買取してもらえますので、送料、査定手数料不要のキャンプパークでまずは査定だけでもしてもらうことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加