取り扱いアイテム

カヌーの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
10canoe-kaitori

引用:Amazon

「カヌー」について

カヌーとはカリブ海周辺の人々が用いていた小さな船舶に対する呼び名で、基本的には比較的小さなオープンデッキタイプの舟とされ、パドルを使って進む形の物が有名です。
小さくて小回りが利き、一人の力で自由に船体を操ることが出来るのがカヌーの魅力。巧みなパドルさばきで激流を下ったり、静流の中でスピードを競い合ったりと、スポーツにも良く用いられる存在で、今日ではスラロームやフラットウォーターレーシングはオリンピックの正式競技となっています。

他にも、ホワイトウォーターロデオなど、色々な競技を楽しむことが出来、世界各地で愛好家は少なくは有りません。日本でも定着しつつあり、カヌー専門店やカヌー教室などを見かける機会も増えてきました。競技としても勿論ですし、広大な自然の中に溶け込めるのも魅力で、多彩な親しみ方が出来ます。

「カヌー」を購入できる有名店舗

カヌーを購入するには、実店舗ならばモンベルクラブが全国の色々なエリアに進出しています。
モンベルはアウトドア用品を総合的に取り扱う日本のブランドとなっており、カヌー関係もラインナップしていますから、近くに見当たる場合には足を運んでみると良いでしょう。何フィートの船体が相応しいかや、パドルの種類について相談することも可能です。

また、カヌーはそれなりにサイズが有るものですから、運搬方法を考える必要もありますし、水難事故を防ぐための装備もしっかりと整える必要があります。そう言った点も、モンベルならば相談しやすいでしょう。他にも、個人経営のショップなどは全国各地に存在していますので、お近くに店舗があるのかどうか確認してみましょう。近くにカヌーショップがない場合には、オンラインショップを利用すれば手に入れることが可能です。
ただし、川や湖、海で使用するもので、命を預ける製品ですから、よく判らないブランドのものや極端に安くなっている品物は注意した方が良いかもしれません。ネットショップで購入するならば、信頼性の高いブランドが経営しているものや、専門的なショップを探してみては如何でしょうか。
シーカヤック・カヌー販売のサウスウインドが通信販売を設けており、カヌーやシーカヤックの品揃えが充実しています。キャリヤーやメンテナンス製品、交換用のパーツなども豊富に取り扱っていますから、一度目を通してみても良いかも知れません。

「カヌー」を高く売るために

カヌーを売りたいと考える際、有名ブランド品で、人気も高いモデルならば高値での査定が期待できます。よく判らなノーブランド品では買取ってもらえない可能性もありますが、ニンバスやセビラーと言った知名度が高めで、需要も有るようなブランドでしたら好条件も夢ではないでしょう。
ブランドやモデルと同じくらい大切なのがコンディションで、折角の名品や人気製品でも、扱いが悪くて傷だらけだったり、欠品、破損、落ちない汚れなどがある場合には査定にマイナス要素です。普段から丁寧に扱うことが大切と言えるでしょう。
日常的にこまめにメンテナンスや手入れをしている船体で状態が良い場合には、その分、高値が考えられます。
できるだけ状態を良くするために、売却前にはキチンと船体を洗浄して置いたほうが良いです。外側もですが、内側も忘れずにしっかりとクリーニングしましょう。もし、パドルやトレーラーなどのアクセサリー類も不要でしたら、まとめて売ってしまうのも選択肢です。
色々揃っている方が査定には有利ですので、それらも必要ないなら、手放してしまったほうが良いでしょう。もちろん、汚れている場合にはクリーニングしておくことは、言うまでもなく大切です。ロープなどの小物類も、折角ですからセットしておくと、ただ捨てるよりはマシかもしれません。
売る準備が整ったら、買取先を考えるのが最重要課題と言えます。詳しくない店舗に任せると、望ましくない結果に陥る可能性も考えられるので、しっかりとした店舗を選びましょう。

「カヌー」の買取はキャンプパーク

カヌーの買取先を探す場合には、アウトドア用品に特化しているキャンプパークを考えてみては如何でしょうか。

キャンプパークはキャンプ用品や登山用品を幅広く買取っているリサイクルショップで、カヌーについても買取対象としています。家電やブランド服などを多彩に扱う総合タイプは確かに色々なものを買取ってはいますが、キチンと商品を理解して相応しい査定を望むなら、アウトドアに特化しているショップが選択肢です。キャンプパークは査定無料ですから気軽に売却価格を確認できる点も魅力。店舗に直接持ち込んでも良いですし、自宅への出張、宅配サービスによる売却も利用できます。
宅配サービスならば全国どのようなエリアからでも利用できますし、大きなサイズのものでも対応しているので便利です。
カヌーは大きいですから買取キットは利用できないと思いますが、この場合には、とりあえずダンボールなどで梱包して送料着払いで送付すれば後はキャンプパークの方で手続きを進めてくれます。送付や申込書類も簡単ですから、カヌーを手放す時にはチェックしてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加