取り扱いブランド

キャンパルジャパン(小川キャンパル)
の買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
2088

引用:Amazon

「キャンパルジャパン(小川キャンパル)」について

キャンパルジャパン(小川キャンパル)は、テント製造販売の老舗「小川テント」が前身です。自衛隊や地方自治体に野営用・防災用テントを納めてきた経験から、堅牢で安定感のあるキャンプ用テントを開発、展開してきました。
特筆すべきは、多少の風雨ではびくともしない重量感と安定性、そして最高水準を誇る防水性です。湿潤で変化の多い日本の気候に合わせて開発された、急激な天候変化に耐えうる高い性能を有したテントやタープなどの幕体は、日本のキャンプ愛好家のステイタスとしての地位をほしいままにしてきました。
キャンパルジャパン(小川キャンパル)のテントは、その重量感ゆえに、ゆったりと時間を過ごす滞在キャンプにおいてその真価を発揮します。テントやタープの傍らでくつろげる、背もたれの大きいアウトドアチェアも、その品質の良さで高い評価を得ています。

「キャンパルジャパン(小川キャンパル)」を購入できる有名店舗

キャンパルジャパン(小川キャンパル)の製品はさまざまなアウトドアショップで目にすることができます。全国展開しているチェーン店では、スポーツオーソリティ、スポーツゼビオ、WILD-1、L-breath、ICI石井スポーツ、さかいやスポーツ、好日山荘などで販売しています。
また全国各地にあるアウトドア専門店でも、キャンパルジャパン(小川キャンパル)の製品は比較的入手しやすくなっています。
意外なところでは、ヨドバシカメラにキャンパルジャパン(小川キャンパル)のコーナーが設けられた店舗があります。メーカー認定スタッフが常駐する「ogawa OFFICIAL PREMIAM SHOP」に指定されており、キャンパルジャパン(小川キャンパル)製品の特徴や使い方を、納得がいくまでとことん質問できます。ヨドバシカメラ以外にも、オフィシャルプレミアムショップに指定されている店舗は全国にありますので、商品選びに困ったときは便りになります。お店に出向くのがどうしても忙しくて難しい方は、通信販売のナチュラムでも取り扱いがあります。
メーカーのホームページで製品情報を検討してから通販で購入するのも、賢いやり方です。
キャンパルジャパン(小川キャンパル)の直営店「GRAND Lodge」は、東京の新木場と千葉の柏の葉にあります。キャンパルジャパン(小川キャンパル)製品のすべてのラインナップを揃えているので、小川ファンなら一度足を運んでみるとよいでしょう。

「キャンパルジャパン(小川キャンパル)」を高く売るために

キャンパルジャパン(小川キャンパル)の製品は比較的高値で売れますが、状態が悪ければ当然査定額が下がってしまいます。まず、付属品を紛失しないようこまめに数量をチェックしましょう。ペグなどは曲がったりなくしたりしやすいので、注意が必要です。テントやタープなどの幕体は、雨や夜露で濡れたまま収納して放置すると、カビの原因になります。一度カビがついてしまうと完全除去は難しくなります。
使用後は必ず完全に乾燥させるよう心がけることが大切です。雨の中で撤収作業をしたら、帰宅後に天候の回復を待って干し直しする必要があります。その際にしっかり汚れを取り除き、きれいな状態を保つようにしましょう。グロメットやポール、骨組みなどの金属部分は、錆つき、折れ曲がりやグロメット周りの破損など、自力では修繕しにくい故障が多く発生する場所です。金属部分の故障は幕体全体の強度を下げるので、使用安全性も下がってしまいます。
早めにメーカーに修理依頼をするのが賢明です。買取査定額を最も大きく左右するのは、製品の型式が新しいかどうかです。使わないまま部屋にしまい込んで年数が経ってしまうと、使っていなくてもそれだけで査定額が大幅に下がります。あまり出番がないと感じたら、もしかしたら今度使うかもとためらったりせず、すぐに売却手配をするべきです。
それがキャンパルジャパン(小川キャンパル)のアウトドア用品を高値で売却する、最も重要なコツです。

「キャンパルジャパン(小川キャンパル)」の買取はキャンプパーク

使わなくなったキャンパルジャパン(小川キャンパル)のアウトドア用品は、キャンプパークの宅配買取を利用して楽に売却しましょう。買取キットをホームページから申し込み、届いた箱に売りたいものを詰め込んで着払い返送するだけ。家から一歩も出ずに売却手続きが完了します。
キャンパルジャパン(小川キャンパル)のテントは大きくて重いものが多いですが、キャンプパークの買取キットは、サイズを気にせずに梱包できるロールダンボールも選べます。運ぶのが大変な大物こそ、自分で運ぶ手間がない宅配買取が便利です。さいたま市にあるキャンプパーク事務所の近隣在住なら、キャンプパークスタッフが商品を受け取りに来てくれる出張買取も利用できます。
また自分で事務所まで商品を運ぶ店頭買取なら、査定額がアップします。
自動車を持っていて自力運搬が苦にならないなら、自分で持ち込んでさらに高値で売却するのも賢い方法です。
使わないキャンパルジャパン(小川キャンパル)製品は、型式が古くならないうちにキャンプパークに売却して、より高値で買取してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加