取り扱いブランド

ゼロポイントの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
13zero-point-kaitori

引用:Amazon

「ゼロポイント」について

ゼロポイントは、日本生まれのアウトドアメーカー・モンベル(mont-bell)のブランドです。その中でもゼロポイントは、ハードな行程の登山を意識したラインナップとなっています。ゼロポイントの中心アイテムは登山用バックパック、岩壁登攀に必要なロープやハーネスなどのクライミングアイテムです。その中でも、山岳用テントを担いで何日もかけて歩く長期縦走が可能な、大容量バックパックが主力商品です。
最大容量のバックパックは110リットル入ります。大きな荷物を負担をかけずに背負い続けるために、工夫された設計がなされています。他社にない特徴的なアイテムとして、8000メートル級の高所登山や極地遠征に対応したダウンワンピースも、このブランドから出ています。過酷な自然環境に挑戦し続ける、ゼロポイントらしい製品といえます。

「ゼロポイント」を購入できる有名店舗

ゼロポイントはモンベルの登山に特化したブランドなので、モンベル直営店に行くのが一般的な入手方法です。

そのほかの店舗では、モンベルの通常商品を取り扱っているショップは少ないながらありますが、ゼロポイント・ブランドのものはほとんど取り扱いがありません。モンベル専門コーナーを持つ、東京神田神保町のさかいやスポーツに取り扱いがあるくらいです。通信販売でも、さかいやスポーツのamazon支店・楽天市場支店で見つけられる程度で、いろいろなお店を見比べることはできそうにありません。ゼロポイントのアイテムがほしいという方は、もともと登山のスタイルにこだわりを持っていると考えられますので、全国に点在するモンベル直営店に直接行くのがよいでしょう。モンベル直営店のスタッフは、仕事が休みの日にプライベートでアウトドア活動を積極的に行っています。スタッフの野外活動経験に裏打ちされた専門的な話を聞きながら、いろいろなアイテムを試すことができます。
自分の登山スタイルに合ったものを店員に見てもらって、選ぶのが大切です。モンベルのオンラインショップは、モンベルクラブ会員になれば送料無料で利用できます。ゼロポイントの巨大なバックパックを街中で購入し、ぶら下げて帰途につくよりも、家まで届けてもらうほうが行き帰りに大きい荷物が邪魔にならずにすみます。直営店に出向く前に商品データを確認するのにも、オンラインショップは活用できます。

「ゼロポイント」を高く売るために

ゼロポイントのバックパックは洗濯できます。汚れを放置すると見た目を悪くするだけでなく、生地やクッション材のウレタンを傷めてしまいます。そうならないようにときどき洗濯すると、状態を良好に保てるのでバックパックが長持ちするようになります。

また、高値売却に有利にもなります。バックパック洗濯の基本は「中性洗剤で押し洗い」です。生地を傷つける恐れのあるバックルなどの硬い部品を取り外し、汚れの目立つ部分を先に洗剤をつけたスポンジでこすっておきます。そのあと中性洗剤液に浸して押し洗いをします。水を数回取り替えて充分にすすぎをしたら、日陰で乾燥させます。直射日光に当てると生地が紫外線で傷むので、乾くのに時間はかかりますが日陰で干しましょう。バックルなどの硬い部品が割れたりすると、蓋が閉まらない、肩ベルトが固定できないなど、バックパックの機能を果たせなくなるばかりか、指などに思わぬ怪我を負う原因にもなります。縫い付けられていない部品はモンベル直営店で入手できますので、早めに交換しておきましょう。バックパックの生地がべたつく現象が発生したら、生地の加水分解が始まっています。これは修理ができないので、買い換えのサインとなります。肩ベルトの不具合、ファスナーの故障、縫製の裂け・破れなどは、モンベル直営店で修理を依頼しましょう。無料、もしくは実費で修理してもらえます。
売却する前に、故障個所をチェックしてもらうとよいでしょう。

「ゼロポイント」の買取はキャンプパーク

使わなくなったゼロポイントのバックパックは、アウトドア用品買取専門店のキャンプパークに売却するのが便利です。キャンプパークの宅配買取なら、ホームページから取り寄せた買取キットのダンボールに、売りたいアウトドア用品を詰めて送り返すだけ。全く自宅から出ないでアウトドア用品を処分できます。キャンプパークがあるさいたま市近辺に在住でしたら、アウトドア用品の知識が豊富なスタッフが自宅まで査定に来てくれる出張買取、また自分でキャンプパークまで売りたいものを持ち込んで査定額アップが可能な店頭買取も利用できます。
どの買取方法で売却しても、査定手数料・スタッフ出張費用・買取キット送付料・返送手数料、すべて無料です。使わないゼロポイントのアイテムをしまい込んでそのままにしていると、型式が古くなって査定額が大幅に下がってしまいます。そうなる前に、早めにキャンプパークで買取してもらうのが得策です。早めに売って部屋をすっきりさせて、売ったお金でふところもあたたまったところで、欲しかったアウトドア用品の新作を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加