取り扱いブランド

YETI(イエティ)の買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
1133

引用:Amazon

「YETI(イエティ)」について

イエティはクーラーボックスをメインに開発している2006年から始まったメーカーです。
他のクーラーボックスに比べ、圧倒的に保冷力が高い特徴があります。
また、分厚いボディで耐久性が高く、継ぎ目のない構造になっており、大切に使えば一生使えると言われている最強のクーラーボックスです。普段から使用していると、度々の開閉や負荷のかかる持ち運び、時には椅子の代わりにして使用することで、少しずつ劣化していき、保冷力が弱くなったり取っ手が壊れたりするものですが、イエティのクーラーボックスはこれらの原因による破損を徹底的に無くし、いつまでも快適に使用できるコンセプトを持って開発されています。渓流釣りや山でのキャンプなど、どんなシーンでも耐久性を失わず、快適で安心感のあるアウトドアライフを送らせてくれるアイテムと言えるでしょう。

「YETI(イエティ)」を購入できる店舗

イエティは取り扱っている店舗が少なく、専門店も全国に数店舗しかありません。関東でも東京に2か所ほどしかありませんが、支障がなければ行ってみるのも良いです。
しかし、なかなか店舗へ行くのは難しいと思いますので、インターネット通販で探す方が無難でしょう。ネットならamazon、楽天市場、Yahooショッピング、エイアンドエフなどでだいたいのサイズの取り揃えがあります。イエティのクーラーボックスは他と比べ値段が高めなので、ショップごとに比較して安く購入できるショップを探してみてください。
送料は無料のところが多く、かかっても1,000円未満なのでそこまで差はありませんが、オンラインショップによってポイント還元があるので、ポイントが多くつくショップで購入するのが最もお得にイエティのクーラーボックスを入手する方法でしょう。また、ポイントを多く獲得するにはクーラーボックスの値段が高いほど還元されますので、ポイントアップのキャンペーンなどがやっていれば、無駄に高い物を購入する必要はありませんが、1ランク上のものにするのも1つの手段です。
また、価格.comのオンラインショップでは品揃えは少ないですが、他より少し安く購入できるクーラーボックスがあるので、欲しいサイズや形状がマッチするようでしたらおすすめです。長く使っていくものですので、価格の妥協をしないで本当にほしいと思っているクーラーボックスを選びましょう。

「YETI(イエティ)」を高く売るために

今後イエティのクーラーボックスを売ろうとお考えであれば、少しでも高く売れるようにクーラーボックスを良い状態に保って使用していく必要があるでしょう。
そのためには日頃からのこまめなメンテナンスが大事です。普段からしっかり洗って清潔に使っているつもりでも、いつのまにか臭いがついていたり、気づかないうちに取れない汚れがあったりします。
そんなときは専用の洗剤を使ってみてください。アウトドア用品店やホームセンターなどにクーラーボックスの洗浄剤が売っています。この洗浄剤を使うと除菌、消臭の効果や、汚れなどをきれいに落としてくれるので重宝します。使い方は簡単で、水を張ったクーラーボックスにこの洗浄剤を1ついれるだけです。もし無ければ重曹でも代用できます。普段の掃除と併用すれば長く清潔を保つことができるでしょう。また、イエティのクーラーボックスは基本的に頑丈で壊れにくいですが、それでも雑に扱えば傷がつき、使用感が増して売る時に価値が下がってしまいます。
キャンプ地では火の近くは避け、雨の日は極力雨ざらしにならないように考慮しましょう。車へ積み込む際に高いところに置いて、うっかり落としたりしないようにも気を付けてください。落としてしまって一見なんともなさそうでも、見えないところで歪んだり変形してしまっている可能性があり、保冷効果が悪くなる場合もあります。クーラーボックスの劣化を事前に防ぎ、大事に使えば売る際にも良い値がつくでしょう。

「YETI(イエティ)」の買取はキャンプパーク

イエティのクーラーボックスをいざ売ろうと思った時に、どこの買取業者に依頼したらいいか分からず悩んでいるなら、キャンプ用品の買取専門店キャンプパークで買い取ってもらうと良いでしょう。専門店なので、キャンプ用品を専門的な知識で査定して価値を見出してくれます。買取の方法は簡単で、キャンプパークのサイトから申し込みをして、3日後に届く買い取りキットのダンボールに梱包し、発送をするだけで査定してもらうことができます。査定の結果は品物が到着してから約3日後には確定します。
送料や査定料金はすべて無料なので、安心できます。リサイクルショップだと自分で品物を運ばなければいけなかったり、キャンプに興味のないスタッフに査定されていたり、査定が終わるまで待たされた挙句、タダ同然の買取金額を提示されたということは普通にあることです。また、クーラーボックスの他にもクローゼットの奥に眠っているキャンプ用品などがあれば、まとめて買取をしてもらうと査定額がお得になります。まずは申込んでみて、キャンプパークがどんな査定をしてくれるか確認してみてください。きっと納得できる結果が得られるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加