取り扱いアイテム

寝袋の買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
2723

引用:Amazon

「寝袋」について

野外で快適な睡眠をとるために寝袋は欠かせない重要アイテムです。

寝袋は、封筒型とマミー型の2つの形があり、さらに中綿の素材によって保温の効果が変わります。封筒型は、その名の通り封筒のような長方形の形をしていて、使用した時に圧迫感がなく価格も比較的に安く購入できます。マミー型はミノムシのように体に密着し、顏だけを出すような形になっており、密着している分保温効果が高いものが多いですが、値段は高めです。気温が高い夏であれば、封筒型の方が使い勝手が良く、保温効果が弱くても快適な睡眠がとれますが、気温の低い冬や寒冷地では密着して保温効果が高いマミー型の方がおすすめです。
また、中綿の素材によっても保温効果が異なり、使用する環境に応じて選択する必要があります。
寝袋に最低使用温度が何度かという快適に使用できる温度の目安が表記されていますので、その温度を参考に寝袋を選ぶようにするとよいでしょう。

「寝袋」を購入できる有名店舗

寝袋はスポーツ用品店の一角にあるアウトドア用品売り場が店舗も多く、値段も手ごろなので購入しやすいです。
有名なところで言うとスポーツオーソリティやスーパースポーツゼビオなどが品数も多く、様々なタイプの寝袋を手に取って見ることができます。寝袋は封筒型やマミー型かによって、コンパクトに収納できるものとそうでないものに分かれたり、耐えられる最低気温の違いによる種類があるので、実際に店舗に訪れて選んだ方がわかりやすくてより良いです。コールマンやスノーピークなどの有名ブランドはこれらのスポーツ用品店で取り扱いが多いので、比較的にしっかりした寝袋を購入することができます。
ネット通販で購入する場合は、amazonプライムや楽天市場、ヨドバシカメラの通販サイトなどから購入することも可能です。
実際に手に取って見ることはできませんが、最低使用温度やサイズなどの表記もありますので、おおよそのことは把握できます。また、登山用などで本格的な寝袋を探しているのであれば、モンベルやA&Fカントリーなどがアウトドア用品を専門的に取り扱っている店舗として有名なので、機能性の高い優れた寝袋を見つけることができるでしょう。ただし、専門店はスポーツ用品店と比べると価格帯はワンランク上になってきます。アウトドア用品の専門店は店舗数が少ないことが多いですが、モンベル、A&Fカントリーは全国的に店舗数が多いので一度近くに店舗がないか調べてみることをおすすめします。

「寝袋」を高く売るために

寝袋を高く売るためには、きちんとしたメンテナンスをすることが重要です。
適当な使い方をしないで、売ることを考えた使い方を心がけるようにしてください。まずは一回でも使ったら必ず干すようにしましょう。
基本的に湿気には耐性がありますが、雨の日に使用することもあるでしょうし、地面と体の間に温度差がある使用環境だとカビ発生の原因につながります。使い終わってすぐそのままぐるぐる巻きに収納して放置ということは避けてください。
また、収納袋に収納した状態の寝袋を保管しておく場所にも気を付けてください。
普段あまり使うものではないからと言って、クローゼットの奥にしまい込んだままにしておいてもカビが発生する可能性があります。使っていない状態が続いていたら、外で干すようにしてください。もしシミがついたり、寝汗などで汚した場合は洗剤を使って洗濯することをおすすめします。洗濯をするときに気を付けてもらいたいのは、中綿がダウンなのか化学繊維なのかによって、洗濯の方法が違うということです。ダウンの場合は普通の洗濯洗剤ではなく、ダウン専用のクリーナーを使用するようにしてください。洗濯洗剤を使うとダウンの場合保温効果が落ちてしまいます。化学繊維の場合は普通の洗濯洗剤を使用しても大丈夫です。次に洗濯機にいれる時の注意ですが、ダウンはドラム式洗濯機以外は水に浮いてしまい、うまく洗濯できないのでお風呂場などで手洗いすることをおすすめします。化学繊維は水をうまく含ませれば洗濯機でも可能です。また、乾かす際は乾燥機がベストですが、なければ日陰でじっくり乾かすようにしてください。正しく使用し、良い状態を保つようにしましょう。

「寝袋」の買取はキャンプパーク

寝袋が不要になり、もし処分するかどこかで売るか悩んだら買取依頼をしてみたください。
寝袋などのキャンプ用品の買取依頼なら、キャンプパークだとキャンプ用品を専門的に査定してくれるのでおすすめです。せっかく寝袋の状態やメーカーが良くても専門知識がない買取業者ではその価値がわからず、全く値がつかずに売ることになるかもしれませんが、キャンプ用品の専門買取であれば価値を見込んだ査定をしてくれますので安心して売ることができます。
もし寝袋に気になるシミがついていたり破損があったりして、買取を依頼するか躊躇していたとしても、思い切って依頼してみましょう。ジャンク品でも買取査定は可能です。もし買取が不可だとしても、申込みから査定、返送まで費用は一切発生しませんので、損することはありません。
ご自身で段ボールを用意できるのであれば、査定額にプラス500円されるのも嬉しいサービスです。最初から諦めて処分してしまったり、手間のかかる買取業者で時間を浪費しないためにも、まずはキャンプパークで買取依頼をしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加