取り扱いアイテム

ピッケルの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
_0000_1433

引用:Amazon

「ピッケル」について

ピッケルは主に冬山などで、登攀の時や、アイスバーン状の雪面で滑落した際に制動停止のために使用します。登攀の際には、シャフトの下側先端のスピッエを氷雪面に突き刺したり、ピックの部分を氷雪面に突き刺して、それを支点にして登ったりします。
もちろん、危険な個所やバランスクライミングの際にはバランスを取るために杖のように使用します。
急斜面の氷雪面で転倒した場合には、そのまま滑落するために、ピックの部分を氷雪面に押さえつけて制動をかけたりします。
安全のために、雪山では必須の装備になります。
また、ピッケルという呼び方はドイツ語での表現で、最近では、アイスアックス(英語)と呼ぶこともあります。
しかし、現時点でもピッケルの方が一般的な呼び方です。
特に昔から登山をしている方はピッケルという言い方のほうが普通です。

「ピッケル」を購入できる有名店舗

ピッケルは、登山用具のなかでも特殊な登攀用具の部類になるため、一般のスポーツショップではあまり目にすることはありません。
ピッケルを購入する場合には、登山専門ショップで購入するのが普通です。最近ではネットでの購入も可能ですが、サイズの問題もありますので実際の店舗で確認してからの方が無難です。
ピッケルのサイズは、登山靴を履いた状態でギリギリスピッエが付くかつかないかが一般的なサイズ決定方法です。
しかし、急斜面が多い山や、一部氷壁のような箇所がある場合には、もっと短いピッケルの方が使いやすくなります。あまりに短いと、アイスバイルのようになりますので、そのようなときにはアイスバイルとピッケルの両方を持った方が無難です。
雪山でも、急斜面が少なく縦走形式の登山の場合には、逆に長いピッケルのほうが使いやすくなります。
または、特に滑落の危険性がない緩斜面の場合には、ピッケルよりもストック(ポール)などの方が歩きやすいこともあります。
緩斜面とはいっても、滑落の危険性が0ではありませんし、雪面の状態によってはピッケルを使わなければ危険なこともありますので、厳重な注意が必要です。このように、登攀用具としての側面と杖としての側面両方があります。冬山へ行くときには、山の種類や登山形態・雪質などによって、必要なピッケルが変わってきます。
それは、サイズだけの違いだけでなく、シャフトの形態やピックの形態の選定も必要になってきます。

「ピッケル」を高く売るために

ピッケルを買取に出すかもしれないといった場合には、使った後のメンテナンスが重要になってきます。メンテナンスの重要性は、たとえ将来買取に出す予定がないにしても、普段のメンテナンスで、次に使う時に問題なく使えるからです。
ピッケルは、当然ながら岩場や氷雪面で使用します。そのため、傷つくことが多く、数回使うとキズだらけになります。下山後、そのままにしておくと錆びの原因になります。
特に傷つきやすいスピッエやピックの部分は、ニッケルクロムモリブデン鋼が使われいます。錆びは表面だけで、内部まで錆が進行することはありませんが、しっかりとメンテナンスをすることで表面の錆びもある程度は抑えられます。基本的なメンテナンスは、水洗いをしてしっかり乾燥させることです。
その後、錆びやすい部分はしっかりと布などで綺麗に拭いておくことが必要です。
シャフト部分は、ジュラルミンなので軽く拭くだけでそれほど錆の問題は発生しません。
しかし、あまりに汚いと、ジュラルミン表面にも白く粉をふいたような酸化アルミが発生することがあります。最近のものは、シャフト部分の下半分(スピッエ側)にラバー加工をしてあることがあります。この部分も同様に、しっかりと水洗や布で汚れを取ることが重要です。注意事項として、金属部の錆び防止の油などは不要です。
また、ラバー部にもラバー用コーティング剤なども不要です。
油やコーティング剤を使うと、次に使用する際滑る可能性があるからです。
特にラバー部分が滑りやすくなることは厳禁です。

「ピッケル」の買取はキャンプパーク

ピッケルを使用していても、先々使わないという場合には買取という手段もあります。ピッケルは冬山に登るための登攀用具で、それ以外の使い道がありません。そのため、冬山に行かないようであれば、早い時期に買取に出したほうがお得です。買取の場合にも普通の買取ショップでは需要がないため、それほど査定がよくありません。ピッケルなどのアウトドア用品は、キャンプパークなどアウトドア用品専門の買取ショップのほうがお得です。
ピッケルでも色々種類がありオールラウンドタイプ・縦走タイプ・氷壁タイプなどありますが、キャンプパークでしたら、どんな種類のものでも大丈夫です。最近では、形状なども変わってきていますので、今お手持ちのピッケルが古いタイプになるまえに買取をした方がお得です。
また、実際に使ってみてサイズが合わなかったといった場合にも買取は便利です。近い将来に冬山に行く予定が無い場合には、思い切って買取をしてもらい、次に行くときには中古を購入したほうがはるかにお得です。
そちらの方が安くて新しいタイプの製品を購入できる可能性が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加