取り扱いブランド

ガーバーの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
522

引用:Amazon

「ガーバー」について

ガーバーとは、アメリカにあるナイフとツールブランドのことで、キャンプやアウトドアで利用するナイフ用品を中心に、全世界的なファンをもつナイフメーカーです。
普段の生活では、それほど利用する機会が多くないかもしれませんが、キャンプやアウトドアが好きな方にとっては、おなじみのメーカーと言えるでしょう。
ナイフの種類や長さ、刃渡りの特徴など、さまざまなナイフが販売されており、アウトドアでの用途によって使い分けるというのが一派的です。
素材としては、ブレード材にステンレスを用いているものや、ハンドル材にアルミニウムを用いているものがあるなど、日本人にも馴染みのある素材が用いられているということができます。
通信販売でも手に入れることができますので、キャンプやアウトドアで利用したいとおい時に、ガーバー製品を手にとってみるのも良いでしょう。

「ガーバー」を購入できる有名店舗

ガーバーはアメリカのメーカーということもあり、基本的には通信販売での提供という形が多いのですが、ガーバーを購入できる店舗として、東京の銀座にある「菊藤」と呼ばれるワールドナイフショップが挙げられます。
ガーバーの他にも、国内カスタムナイフや海外で言うと、フランス産の製品も取り扱うなど、幅広いナイフを取り扱っている、ナイフショップとなります。
ガーバーナイフの販売価格帯としては、1万円台〜8万円台とリーズナブルなものから、質の良い製品も取り揃えているので、ニーズにあった製品を選んで購入することができます。
年代ものも取り扱っており、ガーバーのオールドファンにとっては魅力的な店舗ということができるでしょう。
実在する店舗として有名なのは、菊藤と言えますが、通信販売であれば複数存在します。
ガーバー製品を取り扱う、ミリタリーショップ「レプマート」は通信販売を行っており、ナイフやはさみ、マルチプライヤーやカッターキットなどを取り揃えており、製品数も豊富ですので、より選択の範囲も広まる有名な店舗ということができます。
価格帯としても、4000〜5000円の廉価な製品も取り扱っており、まずはガーバー製品を手に入れてみたいというユーザーには、手に取りやすい販売価格と言えるでしょう。
通信販売ということで、実際に製品を手にとって検討することは難しいですが、気軽に購入できるという点で、購入を一考する余地のある店舗と言えます。

「ガーバー」を高く売るために

利用していたガーバーが不要になった、あるいは、お小遣いの足しにしたいので、持っていたものを売りたいということも出てくるかもしれません。
そういった場合に、いかに高く売れるかということも重要な要素となるでしょう。
どんな製品も同じで、ガーバーも例外ではありませんが、まずは買った時の状態にいかに近い状態に持っていくことができるかが大きなポイントとなります。
ナイフやはさみであれば、まず切れ味が重要で、切れ味が鈍ってきているのであれば、刃を研いでおく必要があります。
お店に依頼するのが、金銭的にもったいないということであれば、自分で砥石等を入手して、研いでおくだけでも、何もしないよりは効果があります。
続いて、ハンドル部分に傷がついていないか、色落ちしていないかということも重要です。
色落ちや傷については、それ以上良くするというよりも、現在の状態よりも悪くならないように、管理・保管することが重要です。
もちろん、修理してもらっても良いですが、売る価格よりも修理価格の方が高くなってしまっては、元も子もありませんので、その辺の判断を見誤らないようにすることがポイントと言えます。
ここまでは製品部分について見てきましたが、やはりどこで売るのかということも高く売るために大切なポイントとなってきます。
通信販売等でも買取を行ってくれる店舗は増えてきていますが、やはり、実在する店舗で実際に店員さんに見ていただいた方が、納得感のある金額で売れることが多いので、実在する店舗で売ることをお勧めします。

「ガーバー」の買取はキャンプパーク

ガーバー製品を売りたいと考えているならば、買取を行ってもらうお店は「キャンプパーク」がおすすめです。
キャンプパークでの買取ならば、納得感のある金額で売れることが多いからです。
それは、キャンプパークは一般店舗と違い、キャンプ用品等の専門店であるため、査定を適切なフローで行ってもらうことができます。
専門店ですので、商品知識のあるスタッフがいます。
ですから、売買という点に慣れている面もあり、買取価格の査定に際しても、なぜその金額になるのかということを、お店側と売り手側双方が納得のいく形で進めていただくことができます。
また、実際に店舗に製品を持ち込んでも問題ありませんが、郵送での買取査定も行っているので、お店に行くのは大変だけど、売りたいという方にとっては、もってこいのサービスと言うことができます。
ナイフやはさみといった製品の他、付属品の買取やジャンク品の買取も行っており、総合的に判断してもキャンプパークで買い取ってもらうというのは、賢明な考え方ということができます。
ガーバーを売りたいと思ったら、まずはキャンプパークを検討してみるのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加