取り扱いブランド

エーデルリッドの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み

「エーデルリッド」について

エーデルリッドは、クライミング用のザイルのブランド名で世界でも有名なブランドです。
登山をする人の間では、ザイルという呼び方が一般的なのですが、ザイルというのはドイツ語での呼び方です。
もともと、ヨーロッパアルプスでの装備の名称などはドイツから日本に伝わった経緯があり、今でもドイツ語での呼び方が多く残っています。
最近では、ザイルのことを英語での呼び方で「ロープ」と呼ぶのも一般的になってきています。
ロープ(ザイル)はクライミング用のダイナミックロープと、ツリークライミングや降下専用、空中作業用などのスタティックロープの2種類があります。
ダイナミックロープは伸縮性があり、ロッククライミング中の墜落の衝撃を吸収する働きがあります。
また、スタティックロープは墜落などの衝撃を受けないような場合に使われるため、伸縮性はそれほどありません。

「エーデルリッド」を購入できる有名店舗

エーデルリッドはクライミング用のロープなので、一般のスポーツショップなどでは販売されていません。
登山専門ショップやクライミング用品専門店のみでの取り扱いになります。
購入する際には、自分のクライミング形態に合わせたロープ選定が必要になってきます。
室内クライミングの場合や、山でのロッククライミング、人口壁でのクライミング、冬山クライミング、バリエーションルートでの使用など、クライミングの場所やどのような方法で登るかで種類が変わってきます。
一般的にはシングルロープですが、バリエーションルートやアルパイン形式ではダブルロープでの使用になります。
シングルとダブルの違いは、ロープの径になりますが、最近の流行はシングルが10mm前後で、ダブルは8mm前後になっています。
また、ダブルで使用する場合には、硬めのロープと柔らかめのロープを使用するのが一般的です。
長さに関しては、登るルートなどによって決まってきます。
昔でしたら、エーデルリッドなどのロープでは40mが一般的でしたが最近では60m〜80mが多くなってきています。
ただ、北アルプスなどで80mロープを使用するのは重量の関係で使わないことが多く、荷物の軽量化のために40m〜60mを使用します。
また、緊急使用の目的や冬山での確保目的でのスタカットでの確保やコンテニアス確保の場合には20mロープも頻繁に使用されます。
緊急の場合には20m以下のものもありますし、万一の時には非常に役立つことがあります。

「エーデルリッド」を高く売るために

エーデルリッドのロープの中でもクライミング用のダイナミックロープは、所定の回数の墜落までは耐えられますが、ある回数を超えると使用を控えたほうがいいです。
また、購入した際にエーデルリッドのロープの末端に製造年が記載されており、長い期間が経過したものは使用しないほうが無難です。
エーデルリッドなどのクライミング用のダイナミックロープは、使用した後は外側の外皮にキズやほつれがないか確認をします。
また、墜落した場合には心材が局部的に細くなったり切れたりしてないか、ロープを指でつまんで確認します。
使用中は、いかなる理由があっても登山靴やアイゼンを付けた登山靴で踏んではいけないのは、心材が切れたり、その部分の強度が低下してしまうからです。
汚れに関しては、濡れタオルなどでしごくように拭きます。
また、ロープを収納する際にはきちんと、巻いてから収納します。
そのときに、ロープにキンクが発生しないように、いったんロープを手でしごいてから巻いていきます。
これは、クライミング前に捻じれなどのキンクを解除するために、全長にわたりしごきを入れてロープの準備をする手順と同じです。
収納時によじれやキンクがあると、その部分へ継続的な負荷がかかり跡が残ることがあります。
これは、墜落の際ランニングビレイでの確保時にロープが上手く流れないという事があり非常に危険です。
このように、エーデルリッドなどのロープは使用後のメンテナンスと保管をしっかりすることで、買取の際には査定がアップします。

「エーデルリッド」の買取はキャンプパーク

エーデルリッドなどのクライミングロープは、使用しなくても劣化します。
ですから、1年近く予定が無い場合にはすぐにでも買取などに出したほうが無難です。
何年も使用してない場合には、劣化により使用するときには使えないことがあります。
クライミングロープは長期の保管には向いていないため、使用しない場合には買取に出して、再度クライミングロープを使用したい場合には、中古の購入などを検討したほうが無難です。
クライミングロープは、登山の中でも専門分野の道具なので一般の買取よりもアウトドアや暗い民謡品専門の買取を選んだ方がお得です。
登山関連専門の買取では、キャンプパークなどがあります。
キャンプパークですと、アウトドアから登山専門用品まで、幅広く取り扱っているため一般の買取よりも、査定がアップしやすくなっています。
買取にクライミングロープを出す際には、全長に渡り汚れなどがないことを確認します。
汚れがあった場合には、しぼったタオルなどでロープの方向にしごくように綺麗にします。
また、購入時のタグや説明書などもあると買取アップになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加