取り扱いブランド

キャラバン登山靴の買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み

「キャラバン登山靴」について

キャラバン登山靴は、日本のブランドであるキャラバン社製の登山靴です。
そのため、キャラバン登山靴は日本人の足を基本にした木型を使っており、日本人にはフィットしやすい登山靴の一つです。
登山靴の場合、フランス・ドイツ・イタリアが多いのですが、ヨーロッパ人向けの足型のために全体的に足幅が細いタイプが多くなっています。
そのため、日本人の足には合いにくいなどの難点があります。
そのてん、日本の会社であるキャラバン社製登山靴は、日本人の為に作られており、ほとんどの日本人の足に合うようになっています。
キャラバン登山靴は、低山から中級クラスの山に対応したものが多く、高機能なウォーキングシューズもあります。
一般的には、そのような高機能ウォーキングシューズで低山ハイキングに対応したものはチロリアンシューズと言われています。

「キャラバン登山靴」を購入できる有名店舗

キャラバン登山靴は、日本ブランドの登山靴ため一般のスポーツショップから、スポーツ用品量販店などでも取り扱われています。
気軽にハイキングや低山ハイキング、夏の中級クラスの山に行きたい場合には、キャラバン登山靴はベストアイテムです。
当然ながら、登山専門ショップにもキャラバン登山靴は置いてあります。
初めて購入する場合は、実際に履く靴下を持参したほうが無難です。
ショップでも登山靴の試し履き時に履く靴下を設置していますが、自分が使う厚さの靴下を持参したほうが、失敗がなく安全に購入することができます。
サイズの決め方ですが、専門ショップでしたら細かくチェックしてもらえますが、もし専門スタッフがいない店舗の場合には、次のことをチェックすると適切なサイズ選びができます。
靴下を履き、登山靴の内側先端に指が着くまで深く履きます。
その時に、かかと部分に人差し指1本が入るくらいが適切なサイズになります。
もし、自分の足が浮腫みやすいなどの特徴があるようでしたら、指1本半分入るくらいなどといった具合に、ワンサイズ大きめを選ぶと無難です。
サイズが合わない登山靴は、苦痛でしかありません。
ですから、サイズ選びが最も重要になります。
もし、出来ることなら、登山靴の購入は夕方以降など足がある程度浮腫んだ状態の時に行くといいでしょう。
浮腫んだ状態でサイズを選ぶことで、登山時のむくみを想定でき適切な登山靴を選ぶことが可能になります。

「キャラバン登山靴」を高く売るために

キャラバン登山靴は、化学繊維や合皮の使用が多いのですが、雪山対応登山靴には革製品もあるため、それぞれにあったメンテナンスが必要です。
このメンテナンスを如何に上手に行うかで、買取の査定につながってきます。
また、買取を行わない場合でもしっかりとしたメンテナンスで、長い間良好な状態で使用することが可能になります。
特に革製のキャラバン登山靴の場合には、指定の保革油を使うと安全です。
革製でも、ゴアテックスを使用している場合には、ミンクオイルやシリコン系の油脂類は使わないようにする必要があります。
ミンクオイルやシリコン系油脂は、ゴアテックスの被膜の気孔を塞ぎ、透湿性が無くなることがあります。
革製の登山靴で、ゴアテックスを使った製品はフッ素系の防水剤や、ゴアテックス対応の保革油を使用することをお勧めします。
革を使っていない、キャラバン登山靴の場合には、フッ素系の防水剤でメンテナンスをします。
特に、使用後は山の土などが付着しています。
山岳地方の土は、強い酸性であったりするため、泥が靴に付着したままですと靴の劣化原因になります。
帰宅後は直ぐに水で洗い、泥を落とすようにします。
その後、フッ素系の防水剤などでメンテナンスをします。
合成繊維や合皮の登山靴でも、ゴアテックスを使用しているものは、シリコン系防水剤は使用しないように注意が必要です。
革製の場合には泥を洗い落とした後、革が乾燥するまえに保革油を塗布します。
そうすることで、革をしなやかにします。

「キャラバン登山靴」の買取はキャンプパーク

キャラバン登山靴などは一般の買取よりも、アウトドア専門の買取の方がお得です。
一般の買取では、お店に出しても売れにくいからです。
その点、アウトドア専門の買取の場合、来店するお客さんもアウトドア用品の購入が目的ですから、直ぐに売れていきます。
そのようなことからアウトドア用品買取などは、キャンプパークなどのアウトドア用品専門ショップの方が断然有利です。
また、キャラバン登山靴などを買取に出す場合には、靴底も綺麗に洗うことをお勧めします。
アッパーに汚れがないことはもちろんですが、靴底もしっかりと洗っておくと見た目も変わります。
革製のキャラバン登山靴の場合には、革部分の保革油の塗布などをして綺麗にしておくと査定も変わってきます。
もちろん、その時だけでなく、日ごろのメンテナンスが最も重要になってきます。
将来買取に出す予定ななくとも、日ごろからのメンテナンスを行うことで、いつも最高の状態で履くことができます。
もちろん、不要になったときには、日ごろからのメンテナンスが査定を押し上げてくれます。
また、押し入れに眠った登山靴は、将来使用予定が無い場合は劣化する前に買取に出したほうが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加