取り扱いアイテム

ベストの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
788

引用:Amazon

「ベスト」について

登山やトレッキングの際の服装を決めるには、機能面から見て適切な重ね着をすることが重要です。基本的には、①肌着②中間着③外着に分けることで、体温をコントロールしやすくします。①にはシャツ、③にはレインウェアが当てはまります。そして、ベストは②に当てはまります。
ベストは、ダウンやフリースといった素材によって保温性を確保できる一方、袖がないことによって可動性を高めるとともに余分な熱を放出することもできます。非常に便利な中間着として位置づけることができるでしょう。
素材がダウンの場合は、保温性が高いぶん熱を逃がしにくいので、ベストの特性がもっとも生かされます。厚手のダウンでも、ベストであれば中間着として用いるのに便利です。一方、素材がフリースの場合は、軽くて汗もうまく逃してくれるので、あまり寒くない時期に適しているといえるでしょう。

「ベスト」を購入できる有名店舗

ノースフェイスやモンベルといったメーカーから、機能性とファッション性を兼ね備えたベストが出ています。
たとえば、モンベルからはメッシュ素材を使ったベストが出ています。シルエットを保ちながら、通気性の良さも実現しています。
また、ノースフェイスはダウンベストに強いメーカーです。光電子ダウンという独自の技術により、保温性と軽さの両立を実現しています。
これらのベストを購入する店舗としては、メーカーの直営店がまず考えられます。直営店であれば、最新モデルを確実にチェックできるでしょう。直営なので、スタッフも商品についての知識が豊富でしょうから、それぞれの製品にどのような機能や特徴があるのか、詳しく教えてもらうことができるはずです。
一方、好日山荘やヴィクトリア、ICI石井スポーツといった大型専門店で購入するのもおすすめです。こうしたお店の中でも、特に品揃えの豊富な大規模な店舗に足を運べば、多種多様なベストの中から自分にぴったりの一着を見つけることができるでしょう。直営店とは異なり、様々なメーカーの製品を比較するという視点から、スタッフに相談することができるでしょう。
なお、ベストは登山・トレッキングでの重ね着の中では、中間着に位置づけられます。そこで、普段使用している肌着(シャツなど)や外着(レインウェアなど)も持参して、一緒に試着してみることをおすすめします。あるいは、ベストと一緒に、肌着と外着も一気に買い揃えても良いでしょう。重ね着を考慮せずに、ベストのことしか考えずに購入してしまうのは避けたいものです。

「ベスト」を高く売るために

ベストにはファッション的な要素もありますから、より素敵なベストをお店で見つけたら、買い替えたくなることもあるのではないでしょうか。その場合、お手持ちのベストは買取に出しても良いでしょう。そこで、普段使っているベストについても、買取に出す可能性を考慮して、なるべく高い買取価格がつくような保管を心がけたいものです。
まず、ベストは中間着として使いますから、登山やトレッキングの際にかいた汗をたくさん吸い込むことになります。そのため、これをそのまま放置すると、生地を傷めてしまうことにつながります。そこで使用後は、可能ならばすぐに洗濯しましょう。洗濯前には、破損防止のために、ファスナーやボタンはしっかり閉めておいてください。ダウンベストについては、手洗いがおすすめです。ご自分での洗濯に自信がない場合は、クリーニングに出しましょう。
洗濯したあとは、日光の当たらない風通しの良い場所でしっかり乾燥させてください。特にダウンベストの場合は、見た目では乾燥したように見えても、内部にまだ水分を含んでいることもあるので、一週間程度乾かしてください。
洗濯と乾燥をしっかり行った後は、通気性の良い袋に入れて保管しましょう。プラスチック製の衣装ケースやビニール袋は、通気性が悪いので使わないようにしてください。メーカーによっては、保管用の専用バッグを売っていることがあるので、ぜひチェックしてみてください。
こうした点を守って、正しく保管しておきましょう。そうすれば、高値で売ることが可能になります。

「ベスト」の買取はキャンプパーク

いよいよベストを売りに出そうという時、どのようなお店に行けばよいでしょうか。
街着とおなじように、古着屋さんに売ることも考えられるでしょう。ノースフェイスのような有名ブランドのものであれば、そのファッション性から古着屋さんでもしっかりした値段で売れるかもしれません。
ただ、古着屋さんはもっぱらファッションの側面からしか査定してくれません。アウトドア用の高機能性を備えたものであっても、そうした面は評価してもらえない可能性が高いでしょう。
そこで、アウトドア面での機能もしっかり評価してくれる、アウトドア用品専門の買取ショップを選ぶほうが良いでしょう。そうしたお店であれば、ファッション性も機能性も両方評価した上で、値段をつけてくれることでしょう。
中でも、キャンプパークが特におすすめです。まず、査定手数料がかかりません。また、遠方から査定を依頼する場合も、お店から送ってもらった買取キットに入れて返送するだけでよく、しかも送料はかかりません。査定額に納得がいかずキャンセルする場合も、手数料も返送料もかかりません。
キャンプ用品を売る際には、キャンプパークを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加