取り扱いアイテム

ベースレイヤーの買取やリサイクルについて

【PR】使わないテントやキャンプ用品を現金化!宅配買取でラクラク申し込み
688

引用:Amazon

「ベースレイヤー」について

ベースレイヤーとは、Tシャツやタイツなどの下着のことをいいます。登山では、気温の変化や運動強度の変化により、着ている衣類を脱いだり増やしたりして体温調節を行います。このことをレイヤリングといいます。
レイヤリングのなかで、もっとも重要なのがベースレイヤーで、汗を吸収してすばやく拡散したり、体温を保持するなどの高い機能が求められます。スリーシーズン着用できるもの、暑い夏にピッタリの薄手のもの、冬山登山用の極厚のものなど、生地の厚さによってさまざまな種類があります。
登山用のベースレイヤーは、ポリエステルやポリプロピレンなどの化繊、メリノウールなどの天然繊維が素材としてもちいられており、素材毎に特徴が異なります。
一般的に、ポリエステル製のベースレイヤーは、吸湿速乾性に優れており、メリノウールのベースレイヤーは保温性や防臭性に優れているとされます。

「ベースレイヤー」を購入できる有名店舗

アメリカのアウトドアメーカーであるpatagoniaのベースレイヤーは、CAPILENEシリーズとよばれており、patagoniaの公式オンラインショップや全国22箇所の直営店patagoniaストア、全国のスポーツショップやアウトドアショップなどの正規取扱店で購入できます。直営店であるpatagoniaストアは、渋谷区神宮前のpatagonia 東京・渋谷、鎌倉市のpatagonia 鎌倉、京都市四条通のpatagonia京都など全国の主要都市にあります。直営店でpatagoniaのベースレイヤーを購入するメリットは、購入後に無料でサイズ交換ができるところです。また、ベースレイヤーのように直接肌に触れる衣類であっても試着することができ、購入後に無料でサイズ交換も可能です。国産アウトドアブランドのモンベルのベースレイヤーは、ジオラインシリーズが有名です。モンベルも公式オンラインショップがあり、会員になると送料無料で全国配送してくれます。
また、直営店のモンベルストアでも各種ベースレイヤーを販売しています。北海道のモンベル サッポロファクトリー店、仙台市のモンベル 仙台泉パークタウン店など全国に50店舗近くも品ぞろえ豊富な直営店があるのが、モンベルの強みです。
この他に、さかいや、好日山荘、楽山荘などの登山用品店も、たくさんのブランドのベースレイヤーを取り扱っています。サッカーや陸上競技などさまざまなスポーツのウェアやシューズなどを販売するスポーツ量販店にも、アウトドアコーナーがあり、そこでも登山用ベースレイヤーを入手することが可能です。

「ベースレイヤー」を高く売るために

ベースレイヤーを高く売るためには、できるだけ着用回数が少ないうちに、売ることが重要です。何度も着用して、洗濯を繰り返していると、首筋や袖口が伸びてしまったり、生地が薄くなりくたびれてしまったりします。洗濯によって、穴が空いてしまうこともあります。
そのため、富士山へ登るためや友達とハイキングにでかけるためなどの目的で高価なベースレイヤーを購入したのに、それ以降はほとんど使用していないときは、早めに売ることが大切です。
それから、ベースレイヤーをいつまでも買ったときと同じような状態に保つためには、洗濯が重要になります。洗濯の際は、生地が傷まないように、洗濯ネットに入れてから洗ったり、手洗いするなどして生地が傷まないように気をつけましょう。特に、メリノウール素材のベースレイヤーは、何も考えずに洗濯機での洗濯を繰り返していると、すぐに穴が空きます。1着のお値段が5000円から10000円もするメリノウールのベースレイヤーが、数回の洗濯で穴が空いてしまってはたいへんです。
使用する洗剤は、セーターやニット製品用やおしゃれ着洗い用の洗剤を使用するのが理想的です。また、表示タグの注意書きをよく読んで、指定された方法や時間に従うことも大切になります。化繊でできたTシャツやタイツなどは、長時間乾燥機にかけないようにするのも重要です。化繊は熱に弱いので、綿製品とは別にして短い時間乾燥機にかけるのがコツです。

「ベースレイヤー」の買取はキャンプパーク

ベースレイヤーは肌に直接着用するものですが、通常の下着とちがい、中古品の売買も盛んです。オークションサイトでも、ごく普通に登山用のベースレイヤーやアンダーウェアが売買されています。もし、不要なベースレイヤーがあるなら、登山ウェアやアウトドアウェアを買取しているキャンプパークなどの買取店に売却するのもよいでしょう。
意外に高い値段で売れる可能性があります。もともとの定価が高いため、中古でもそれなりの値段になるためです。
キャンプパークは、どんなものでも無料で査定をしてくれるのが、とりあえず査定だけでも受けてみるのがおすすめです。査定額に納得できない場合、無理に売る必要はありません。買取店に行くのが面倒のために、宅配買取も可能です。
宅配買取とは、自分が売りたい商品をキャンプパークに郵送して査定をしてもらうことをいいます。郵送するには送料がかかってしまうと思われがちですが、送料はすべてキャンプパークが負担するので、送料を気にせず利用できます。沖縄や北海道から荷物を送ると送料が高くなりますが、キャンプパークなら送料無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加